矢車菊(矢車草)の育て方レポート〜秋の種まきから春の開花まで〜【ガーデニングの愉しみ】

こんばんわ。ハーバルセラピストのあやみんです。

昨年の秋に種まきをした矢車菊が今花盛りです。

秋の種まきから開花までをご紹介します。

種まき(秋まき)

種子パッケージ

正式名称は「矢車菊」なのですが、通称「矢車草」で売られています。

矢車草は山野草で存在します(ややこしいです、後から知りました)。

パッケージの写真見て買うとわかりやすいですね。

パッケージ裏面

パッケージの裏には種まきの時期や方法、発芽日数、発芽率などいろんな情報が書かれています。

種によって扱い方が違うので、撒いた後もパッケージは取っておくほうが良いと思います。

種まき(9月27日)

初めてちゃんと資材を揃えて種まきをしました。種まきトレイに種まき用土を入れて、割り箸で穴を作って3〜5個ずつまきました。

種まき
写真上部の卵ケースみたいな入れ物が矢車菊です。ビオラ、勿忘草なども同時期に種まきしました。

発芽(10月1日)種まきから4日目

矢車菊種まき

4日目に発芽を確認。感動です。本当に芽が出てうれしかったです。

発芽率は60パーセントと書かれていましたが、もっと発芽していたと思います。

日除け

発芽までは日陰で水を切らさないようにしていたので、板を設置して日陰を作っていました。

発芽後は日向で管理します。

種まき
双葉の次に本葉が出てきます。毎日観察が楽しいです。

ポット上げ

種まき用の土には栄養分は入ってません。本葉が上がったら、種まきトレイからポットに移します。

土は草花用培養土を使用します。この頃は毎週末ポット上げ作業に追われていました。

いろんな種類を植えたので全部で150個くらいになったと思います。

このまま水管理をして週1回は液肥をあげて冬越しをします。

ポットあげ
一番手前の生育旺盛なのが矢車菊です

庭へ定植(2月初旬)

定植の前に、春先に庭の土壌改良をしました。

土を20センチくらい掘り起こし、苦土石灰、腐葉土を撒いて2週間ほど置きます。

土が安定したらいよいよ定植です。その頃、ポット苗もしっかり根が張ってきていました。

定植後

見ているだけで可愛い苗です。矢車菊は成長すると草丈が60センチになると書かれていたので、

花壇コーナーの後方に配置しました。

庭に定植
赤く囲ったところが矢車菊です。

後方から矢車菊、ニゲラ、勿忘草と配置しました。

サイドはスイートピーで通路脇はビオラを植えました。

花芽と摘芯(3月20日)

一番花

花芽があがってきました。しかしこれは切ります。

もったいないと思いますが、切った方が脇目が増えて、結果花数が増えます。

摘芯後

摘芯したおかげで2週間後には脇目が増えて株がかなりしっかりしました。

開花(4月14日)

一番開花

第1号のお花が咲きました。種子から育てたんだなあと思うと感慨深いです。

5月上旬〜最盛期〜

たくさん咲いた
最盛期

たくさん咲いてくれました。でも実は種はまだ余っています。

今年の春は種まきの余裕がなかったので、また次の秋にまきたいと思います。

一袋200円のでコスパ良しです。それに1年草なので今咲いている花たちから種を採取することもできます。

まさに無限ループ!!

植物は好きだけど、じっくり庭に向き合う時間と心の余裕が今まではなかったけどこれを機に自分のペースで続けていきたいと思います。

ブログ更新や、イベント情報をお届けする LINEお友達登録はコチラ。 友だち追加

この記事を書いた人

ayamin

大学卒業後は福祉の仕事を15年以上。35歳を過ぎてから人生に違和感を感じ始める。
37歳の時に人生の転機があり、心の学び、自己探究を始める。
憧れだった植物療法、アロマセラピーの勉強も同時進行する。
現在は障がい者相談員として働きながら、女性35歳以上の心や人生の悩みについて植物療法の観点から癒しを提案するハーバルセラピストを目指して活動中。
このサイトでは、初心者の方でも植物やハーブを利用して、手軽に簡単に優しい癒しを感じる方法をお伝えしていきます。