資格の会報誌を読むメリット【AEAJ JAMHAの資格活用】

こんばんわ。ハーバルセラピストのあやみんです。

さて、今日は『資格』についてです。

私はメインの資格がJAMHAの「ハーバルセラピスト」

AEAJ「アロマセラピーアドバイザー」は初心者に近い資格だと思います。

年度末は更新時期でした。みなさま無事に更新手続きはお済みですか?

最近はネットのカード決済でもできるようですね。便利です。


季節ごとに会報誌が届きますね。

更新後に最新のものを読み返したのですが結構いい情報がたくさん載っています。

袋に入れたまま数冊みていないものもありました。

今後は情報がフレッシュなうちにしっかり目を通そうと思います。

私が改めて感じた会報誌のメリットをご紹介します

→日本メディカルハーブ協会HPはこちら

→日本アロマ環境協会のHPはこちら

季節やトレンドの注目記事が載っている

季節に合わせたアロマやハーブの使い方や料理レシピが載っています。

また写真も綺麗で見ていて楽しいし、情報発信する人には参考になります。

情報としては、コロナウィルスはもちろん、生活習慣病、腸活、SDGsなど最近の社会状況に合わせた記事が載っています。

これも社会情勢をただ知るだけでなく、こういった情報を元に自分ならどのようなことを生活に生かせるかを考える機会になります。

セミナー、フォーラム案内、資格試験情報が載っている

試験の申し込み関する情報や、セミナー、フォーラムの情報が載っています。

今まであまり関心を持っていませんでしたが、よく見ると会員価格でお得!。

それに最近はオンラインで参加できるので勉強の敷居が低くなりました。これも積極的に活用したいと思います。

有識者のコラムや植物データが載っている

これもしっかり読んでいい情報だなあと思いました。

大学の先生や、研究者の方のしっかり量のあるコラムを読むことができます。

そして参考文献や植物に関するデータの抜粋も載っているので便利に学習することができます。

この情報を参考にするだけでもブログネタになるんじゃないかと思うほど情報がたくさん載っています。

最後に

資格の維持費も複数あると結構かかりますよね。

持っているだけではもったいないので会報誌もしっかり活用したいと思います。

ブログ更新や、イベント情報をお届けする LINEお友達登録はコチラ。 友だち追加

この記事を書いた人

ayamin

大学卒業後は福祉の仕事を15年以上。35歳を過ぎてから人生に違和感を感じ始める。
37歳の時に人生の転機があり、心の学び、自己探究を始める。
憧れだった植物療法、アロマセラピーの勉強も同時進行する。
現在は障がい者相談員として働きながら、女性35歳以上の心や人生の悩みについて植物療法の観点から癒しを提案するハーバルセラピストを目指して活動中。
このサイトでは、初心者の方でも植物やハーブを利用して、手軽に簡単に優しい癒しを感じる方法をお伝えしていきます。