朝にいただく摘みたてハーブのフレッシュハーブティー

こんにちわ。あやみんです。

関西は梅雨に入りました。春があっという間に過ぎてしまって少し寂しいですが、庭の植物たちは雨に濡れて元気です。

時間のある朝は摘みたてのハーブでフレッシュハーブティーがおすすめです。

香りもいいし、身体にスーッと馴染む感じがします。

フレッシュハーブティーの淹れ方は少し前に書いたので良ければそちらを参考にしてください。

庭でハーブを採る

フレッシュハーブ

レモンバーム、ジャーマンカモミール、ミント、ヨモギを切ってきました。

朝の植物との対話は心が落ち着きます。

雨の後の濡れたハーブは触るだけでいつもより香りがたちます。

家に入って湯を沸かし、ティーポットにハーブとお湯を入れて、3〜5分待ちます。

→フレッシュハーブティーの詳しい淹れ方を見てみる

フレッシュハーブティーをいただきます

やさしい色
優しい色合いです。朝の起床時に飲むと落ち着きます。

フレッシュハーブは量にもよりますが、ドライよりも優しい色合いになります。

意外としっかり味はします。何より香りが優しくていいです。

精油(エッセンシャルオイル)で芳香もいいけれど、

ハーブティーの湯気もかなり気分は落ち着きます。

植物自体に精油成分が含まれるので当然作用が期待できますね。それにハーブティーはお茶として飲むのでその作用も期待できます。

紫陽花

季節は春を過ぎて梅雨へ。

庭も日に日に変化しています。

自然の恵みをいただきながら、健やかに、ナチュラルに、自分らしく生きていけたらいいですよね。

このブログでもハーブの楽しみをお伝えし続けたいと思います。

今日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

ブログ更新や、イベント情報をお届けする LINEお友達登録はコチラ。 友だち追加

この記事を書いた人

ayamin

大学卒業後は福祉の仕事を15年以上。35歳を過ぎてから人生に違和感を感じ始める。
37歳の時に人生の転機があり、心の学び、自己探究を始める。
憧れだった植物療法、アロマセラピーの勉強も同時進行する。
現在は障がい者相談員として働きながら、女性35歳以上の心や人生の悩みについて植物療法の観点から癒しを提案するハーバルセラピストを目指して活動中。
このサイトでは、初心者の方でも植物やハーブを利用して、手軽に簡単に優しい癒しを感じる方法をお伝えしていきます。