ハーバルセラピストへの道①

こんばんわ。あやみん(ayaminn_)です。

この記事は2017年12月8日に旧ブログにて書いた記事を加筆修正したものです。

「ハーバルセラピストになりたい」

自分の人生に違和感を感じ始めてからそう思うようになりました。

色々あって人生の転換期を迎え、先月ハーバルセラピストの試験を受けました。

合格発表は12月19日です。

この記事では私が植物療法で生きていきたいなーと思ったきっかけを書きたいと思います。

ハーバリスト ベニシアさんの書籍

ベニシアさん
ベニシアさんの植物愛、ハーバルライフの知識が詰まっています。

30歳過ぎたぐらいの頃、植物とかハーブとか庭とか興味あるなー、好きだなーと思い始めたように思います。

そんな時に本屋さんでこの本に出会いました。

ハーバリストであるベニシアさんの本です。

ハーブの育て方や、料理、コスメ、等のベニシアさんのハーバルライフが詰まった本。

イギリスの貴族家庭に生まれますが、貴族の生活をやめて

自分を探しに世界を旅する道を選んだベニシアさん。

アジアを経て日本にたどり着き、京都に魅了され住むことを決意されたそう。

京都の大原で古民家での生活をし、

家族とともにハーバルライフを実践されています。

ご主人は日本人の写真家の梶山正さんです。

本の中の写真は京都大原の四季が載っていて美しいです。

この本の掃除法とか、チンキ剤(アルコールにつけてハーブの成分を出したもの)、コスメを参考に色々作り始めました。

この本が私の原点です。

ベニシアさんの本は誰でも手軽にハーブを楽しめるようかなり簡単なレシピにしてくれています。

いくつかレシピを参考にチンキ剤や石鹸を作ってみました。

そしたらもっともっと作りたくなったのです。

ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし
created by Rinker

メディカルハーブとの出会い

植物が好きを確信してからは、仕事帰りの本屋さんではもっぱら植物やハーブの本を見て癒されていました。

ベニシアさんの本を経て次に買った本がメディカルハーブの本。

ここで私は初めて「メディカルハーブ」という言葉に出会います。

この本の作者は佐々木薫さん。

私がハーブティや精油も買ってる「生活の木」のゼネラルマネージャーで

自身のハーバリストとしての経験も豊富で著書も多数出版されています。

この方のレシピは丁寧でわかりやすいです。

基本的な感じですが、メディカルハーブの要素が入っていて

その時の私にとっては超ワクワクな一冊でした。

この本を見てバーム(軟膏)、蒸気吸入、フットバスなどハーブ使いが広がり、

一つ一つのハーブ(植物)のことにも興味が湧くようになってきました。

そしてこの本で初めて出会ったのが

「ハーバルセラピスト」

という資格の名前。

漠然とこれになれたらいいなあ、って思っていました。

まあ無理だろうな、と遠い将来を夢見てるだけの私でした。

長くなったので「ハーバルセラピストへの道②」に続きます。

基礎からよくわかる メディカルハーブLesson: 基礎知識から活用法、検定に関する項目まで…生活に役立つメディカルハーブのすべてをやさしく解説
created by Rinker
ブログ更新や、イベント情報をお届けする LINEお友達登録はコチラ。 友だち追加

この記事を書いた人

ayamin

大学卒業後は福祉の仕事を15年以上。35歳を過ぎてから人生に違和感を感じ始める。
37歳の時に人生の転機があり、心の学び、自己探究を始める。
憧れだった植物療法、アロマセラピーの勉強も同時進行する。
現在は障がい者相談員として働きながら、女性35歳以上の心や人生の悩みについて植物療法の観点から癒しを提案するハーバルセラピストを目指して活動中。
このサイトでは、初心者の方でも植物やハーブを利用して、手軽に簡単に優しい癒しを感じる方法をお伝えしていきます。