「新玉ねぎの水分だけで塩豚を煮る」by Aosトラットリアさんのレシピを作ってみた【ハーブを使った料理】

こんにちわ。ハーバルセラピストのあやみんです。

新玉ねぎの季節ですね〜。オニオンスライスも美味しいですが、煮込み料理はいかがでしょうか。

新玉ねぎがこんなに甘いなんて初めて知りました。

AosトラットリアさんのYouTubeを見て作ってみました。

私の調理工程を写真でお届けします。

作り方ははAosトラットリアさんのYouTubeのレシピに忠実に作りました。使用ハーブだけアレンジしました。

私が使用したハーブはローリエ、ローズマリー、タイム、オレガノです。

庭で調達しましたよ。

ハーブを調達

ハーブ

右上から、ローリエ、ローズマリー、オレガノ、タイムです。

ハーブを利用できるなんてドキドキです。香草嫌いの夫が食べるかどうかが心配です。

肉をマリネする

マリネした豚肩ロース

この日は朝から豚肩ロースを塩、ハーブ、オリーブオイルをマリネして夕方まで冷蔵庫保管。

2、3日置いても美味しいそうです。

新玉ねぎ4個分を切る

新玉ねぎ

8時間ハーブマリネしたお肉を焼く

夕方、調理開始しました。お肉に焼き色を付けます。

断面にしっかり焼き色を付けました。焼いた後は一旦取り出します。

焼き工程
焼き目
縦焼き目
取り出した肉

新玉ねぎを炒めて煮込み開始

切った玉ねぎのうち半量を鍋で炒め、そこにお肉を入れます。

そして残り半量の玉ねぎを入れて塩胡椒、ハーブ、黒胡椒ホールを入れ、蓋をして弱火で1時間置いておくだけ!

最後に塩胡椒で味を決めて出来上がりです。

鍋に投入
蓋をする

煮込み開始30分後

水を入れていないのに新玉ねぎからの水分がかなり出ています。

ハーブとお肉とニンニクと玉ねぎの甘さが加わったいい香りがキッチンに広がっています

30分後の鍋

完成!盛り付けへ

1時間煮込むと玉ねぎがトロッとして、スープのようになっていました。

中のお肉が楽しみです。

出来上がり
肉を切る

一旦塊の肉を切って、盛り付けます。

実食

盛り付け
柔らかい肉

お肉はほろっとしていてジューシです。

玉ねぎがめちゃくちゃ甘くてほんとに美味しい。パンやワインと合うと思います。

もちろんご飯でも美味しかったです。

夫も美味しいと言ってたくさん食べてくれました。新玉ねぎの出回っているうちに再度作ってみたいです。

夫の写真
ブログ更新や、イベント情報をお届けする LINEお友達登録はコチラ。 友だち追加

この記事を書いた人

ayamin

大学卒業後は福祉の仕事を15年以上。35歳を過ぎてから人生に違和感を感じ始める。
37歳の時に人生の転機があり、心の学び、自己探究を始める。
憧れだった植物療法、アロマセラピーの勉強も同時進行する。
現在は障がい者相談員として働きながら、女性35歳以上の心や人生の悩みについて植物療法の観点から癒しを提案するハーバルセラピストを目指して活動中。
このサイトでは、初心者の方でも植物やハーブを利用して、手軽に簡単に優しい癒しを感じる方法をお伝えしていきます。