自分を労ること

こんばんわ。あやみんです。

お風呂に入っていてブログネタ思い浮かんだのでブログ書くことにしました。

自分を労るって言う意味を捉え違えしていたなあ、という話です。

鍼灸整骨院に行きました

最近腕がだるかったり、動かしにくいなあと思い、

昨日は久しぶりに鍼灸整骨院に行ってきました。

今の職場で勤め始めてから行ってないので1年半以上ぶりでした。

肩こり

鍼灸師の先生が脇の下あたりを押すと、

痛い。

超痛い。。

痛ーーーーいい!!!

先生「三角筋、肩ガチガチです。首も硬いです」

私「え、マジスカ。全然気づかなかったです。てか痛いっすせんせえ。」

先生「鍼しましょうか」

私「お願いしまーす(鍼そんなに嫌いじゃないからダイジョーブ)。」

鍼治療が始まりました

痛い。

痛い泣。

超いたーーーーーーーい。鬼痛い。

ギブ。無理です。もおギブです。ギブです。鬼ギブです。

鍼「ああ、だいぶ硬いですねえ。でもここだけちょっと頑張って。」

私「ハイ。」「はあぅ泣。痛え。」

本当は電気鍼の予定でしたが、予想以上の私のダメっぷりに吸玉(コップ裏返したやつみたいなの)に変更になりました。

最後はあったかい先生の手でマッサージ

鍼でもっとほぐしてからマッサージのはずが背中は吸玉が並んでいる状態で、

腕などをゴッドハンドでほぐしてもらいました。

女性の鍼灸師さんですが手はあったかくて、本当に素晴らしいです。

そういえば誰かに身体をこんなに委ねたこと久しくなかったなあ。

自分で自分の肩こりに気づいてないなんて、身体に悪いことしてたなあ。

終わって時計を見たら2時間経っていました。

自分を労ることは甘やかすこととは違う

本題です。

自分を労ること、自分を満たすこと。

私はそれらを大事にしているつもりでした。

けどそれって自分を甘やかしてると言うのと錯覚していたかもしれません。

もちろん自分へのウキウキなギフトや、しっかり休むこと、緩めることも必要です。

だけど昨日みたいな治療とか、自分の身体のために律すること(例:晩ご飯食べてソファにだいぶしたいのをグッと我慢してジムに行く)も

自分への「労い」になるんだなあって思いました。

身体のメンテナンス大事ですね。40代になって最近事務職になってガタッと体力が落ちました。

私の肩も放って置いたらある日突然に四十肩で動かなくなっていたかもしれません。

これからも自分の身体の変化に気づいてそこに対処できるようにしていきたいです。

だって長く健康に働きたいですものね。それに叶えたい夢もたくさんありますしね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログ更新や、イベント情報をお届けする LINEお友達登録はコチラ。 友だち追加

この記事を書いた人

ayamin

大学卒業後は福祉の仕事を15年以上。35歳を過ぎてから人生に違和感を感じ始める。
37歳の時に人生の転機があり、心の学び、自己探究を始める。
憧れだった植物療法、アロマセラピーの勉強も同時進行する。
現在は障がい者相談員として働きながら、女性35歳以上の心や人生の悩みについて植物療法の観点から癒しを提案するハーバルセラピストを目指して活動中。
このサイトでは、初心者の方でも植物やハーブを利用して、手軽に簡単に優しい癒しを感じる方法をお伝えしていきます。